夏コミ2019の混雑状況や待ち時間・駐車場は?持ち物や暑さ対策も!




夏コミ2019を楽しみにしている方は多いと思います♪

今回は、夏コミ2019の混雑状況や待ち時間・駐車場、持ち物や暑さ対策などについてご紹介します。

『夏コミ2019(コミックマーケット96)』は、2019年8月9日(金)〜8月12日(月)の4日間、東京ビッグサイトで開催されます!

コミックマーケットは、1975年から始まり、毎年夏と冬の年2回開催されています。

通常は3日間開催されるのですが、今年の夏コミ2019は4日間となっていますね。

東京オリンピックの影響で会場スペースが減少してしまうため、日程を通常より1日増やしたということです。

[夏コミ2019詳細]

会場:東京ビッグサイト

サークルスペース:西展示棟・南展示棟

企業ブース:青梅展示場

どちらも開催時間は10時〜16時で、更衣室の利用は10時〜17時を予定。

一般参加者は参加証となるリストバンドの購入が必要です!(当日も購入可)
https://www.comiket.co.jp/info-a/C96/C96WristBand.html

毎年行っている方も多いと思いますが、初めて行く方もいますよね。

気になる混雑状況や待ち時間や駐車場、持ち物や暑さ対策などについて詳しく見ていきましょう。

夏コミ2019の混雑状況や待ち時間・駐車場は?

夏コミ2019の混雑状況や待ち時間・駐車場についてご紹介します。

昨年の夏コミの入場者数は、3日間の合計が約53万人だったそうです。

混雑状況・待ち時間

混雑状況については、会場の外も会場の中も激混みのため覚悟が必要です。

会場付近での徹夜は禁止されていて、多くの方が始発で来ていますので、午前中は入場待機列ができています。

公式では、初参加の方は午後に到着することをおすすめしていましたが、お目当てのグッズが手に入らない可能性があります。

平均的な待ち時間についても見てみましょう。

[始発で来場した場合]

待ち時間は約5時間で、入場時間は10時〜10時30分頃

[10時頃に来場した場合]

待ち時間は1時間で、入場時間は11時〜11時30分頃

[12時頃に来場した場合]

待ち時間はほぼなし。

会場での混雑はなかなか避けられませんが、外での待ち時間を避けたい場合は12時頃がおすすめですね。

駐車場

車で行きたい方も多いと思いますが、会場に駐車場は用意されていないため、公共の交通機関を利用するように呼びかけられています。

交通渋滞となるので、タクシーの利用も避けましょう。

どうしても駐車場を利用したい場合は、お台場周辺に停めることになります。

これまで利用できた大型駐車場の青梅臨時駐車場は使えないということですが、この他にも利用できない駐車場が増える可能性もあるそうですので、夏コミ2019の直前にまた確認する必要がありそうです。

https://www.tokyo-teleport.co.jp/parking/

なお、それでも車を利用して当日確実に駐車場を確保したい場合はあらかじめ駐車場を予約できる便利なサービスがあるのをご存知ですか?

akippa(アキッパ)というサイトなんですが事前にこのサイトで予約しておけば探し回る必要がありません!

近い順に掲載されているので、どうぞご覧ください。

駐車場の予約ができるakippa(アキッパ)はこちら!

akippaは普通の駐車場を時間貸しにしているため、ほとんどは広くなっておりコインパーキングのように入れにくいこともありません。

事前予約のため当日、一万円札しかなかったり小銭がなくて困るといったこともなく安心です。

また、15分おきなど細かく借りたり、一日貸し切りといったことも可能。

しかもほとんどの駐車場は一般的なコインパーキングより格安というから嬉しいですね。

普通の駐車場なので出し入れも自由ですし、とことん便利な使い方ができますよ。

夏コミ2019の持ち物や暑さ対策は?

夏コミ2019の持ち物や暑さ対策についてご紹介します。

まずは持ち物から見ていきましょう!

『持ち物』

・参加証(リストバンド)

一般参加者は参加証となるリストバンドを購入する必要がありますので、事前に購入した場合は忘れずに持っていきましょう!(当日購入可)

・ICカード

多くの方が、りんかい線・ゆりかもめ・都営バスなどを利用して会場に行くため、改札口から混雑しています。

事前にチャージまで済ませておくように公式にも記載されています。

・飲み物や食べ物

会場にも購入できるところがありますが、ものすごい来場者なので、利用できない可能性があります。

会場までの公共の交通機関を利用するよりも前に買い物しておくのが安心です。

その他

・両替したお金(千円や小銭)

・コミックマーケットのカタログ

・サブバッグ

・モバイルバッテリー

・タオル

・待機時間などに座る携帯用のイス等

・レインコート(天気が心配な場合)

・暑さ対策グッズ

などの持ち物が必要になりますので、事前に準備しておきましょう!

他の人の迷惑になるものは避け、貴重品などはしっかり管理してくださいね。

真夏の開催で暑いのはもちろん、人口密度でも暑さが増しますので、暑さ対策が必要です。

実際に昨年の夏コミに行った方は、「サウナより暑い」と言っていたほど!

『暑さ対策』

暑さ対策などについてご紹介します。

・ヘッドホン型の扇風機

最近話題となっているヘッドホン型扇風機は、ハンズフリー・軽量・充電して使えるので、屋外イベントなどでも大活躍!

首から下げて使うのはもちろん、机などに置いても使うことができます。

・冷えピタや冷却スプレー

保冷剤などはすぐに溶けてしまうので、冷えピタなどをいくつか持っておくのがおすすめです。

また、冷んやり効果のある冷却スプレーを用意しておくのがいいです。

・帽子

折りたためる帽子を用意しておくのがおすすめです!

帽子があるのとないのとでは全然違います。

・水分補給

凍ったドリンクや、氷が溶けにくい水筒はもちろん、熱中症対策に経口補水液も用意しておくといいです。

さらに保冷バッグに入れておくのがおすすめです!

・塩分補給

熱中症対策に水だけを飲むと体液濃度が下がってしまうので、適度な塩分が必要となってきます。

ご紹介したものを参考に、暑さ対策・熱中症対策をしてくださいね。

夏コミ2019は、いつもより日数が長いことや、会場、リストバンドなどの変更点があるので、これまでに来場していた方も確認しておきましょう!

持ち物チェックや暑さ対策も事前にしっかりと準備をして、夏コミ2019を楽しんでくださいね♪

ということで今回は、夏コミ2019の混雑状況や待ち時間・駐車場、持ち物や暑さ対策などについてご紹介しました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする




テキストのコピーはできません。