リポビタンDの成分やカロリー&効果!寝る前の時間や運転前は?




リポビタンD

「ファイト!一発!」のキャッチコピーでおなじみのリポビタンD大正製薬から出されている栄養ドリンクで、今や世界中で愛されている栄養ドリンクの一つです!

一口にリポビタンDと言っても、リポビタンファインのように糖類ゼロでカロリーを抑えた女性をターゲットにしたドリンク剤や、リポビタンDキッズのように子供の発育に必要な栄養成分を配合したミニドリンク剤など、種類がとっても豊富なんですよ♪

今回はそんなリポビタンDについての成分や効果などをまとめました!!

リポビタンDの成分やカロリー&効果は?

大正製薬から出されているリポビタンDは種類が豊富なのでどれを買えばいいか悩んでしまう人もいるかと思いますが、今回はスタンダードな“リポビタンD”について成分やカロリーをまとめました!!

リポビタンDの成分成分

リポビタンDは指定医薬部外品です。

リポビタンD成分は

l タウリン

l イノシトール

l ニコチン酸アミド

l リボフラビンリン酸エステルナトリウム(ビタミンB₂)

l ピリドキシン塩酸塩(ビタミンB₆)

l 無水カフェイン

l 添加物(白糖、D-ソルビトール、クエン酸、安息香酸Na、香料、グリセリン、バニリン)

主成分であるタウリンは1872年に発見された含硫アミノ酸の一種で、心臓や骨格、脳や神経などの臓器や組織に分布している成分で、生命活動に欠かせないエネルギーの生産や各種代謝に関わっています。

つまり、このタウリンが不足することで疲れを感じやすくなってしまうわけです!

逆を言えば、タウリンを摂取することで疲労回復につながるというわけなんです(*^-^*)

次にリポビタンDの効果を見ていきましょう!!

<リポビタンDの効能効果>

・体力、身体抵抗力または集中力の維持・改善

・疲労の回復・予防

・虚弱体質に伴う身体不調の改善・予防

・日常生活における栄養不良に伴う身体不調の改善・予防

・病中病後の体力低下時、発熱を伴う消耗性疾患時、食欲不振時、妊娠授乳期、または産前産後の栄養補給

ドリンク剤と聞くと妊娠中や授乳期などは飲んだらダメなイメージがありますが、リポビタンDをはじめほとんどの栄養ドリンクは妊娠中や授乳期でも安心して飲むことができるんですよ♪

むしろ、体力や抵抗力が落ちやすい妊娠中や授乳によって不足しがちな栄養を補うのにお勧めなんです!!

もちろん飲みすぎはだめですけどね(^^;)

用法用量を守って服用しましょうね!!

リポビタンDのカロリー

栄養ドリンクを飲む際に気になるのがカロリーです。

女性やダイエット中の人はカロリーって気にしちゃいますよね!

リポビタンD(74kcal)

リポビタンDのカロリーは1本あたり74kcalです。

おにぎり1個のカロリーが約210kcalということを考えれば、特に気にするカロリーではないですよね(*^-^*)

しかし、それでもカロリーが気になる……という人は以下のシリーズを選ぶといいですよ~。

l リポビタンDライト(58kcal)

l リポビタンZERO(6kcal/糖類ゼロ)

l リポビタンファイン(6kcal/糖類ゼロ)

リポビタンZEROは糖類ゼロでも効き目がしっかりあるタイプですし、リポビタンファインはタウリンのほかにビタミンB群を配合した女性にうれしいタイプの商品になっているんですよ♪

リポビタンDを寝る前の時間や運転前に飲むのはよい?

世界中で愛され、シリーズも豊富に出されているリポビタンDですが、寝る前や運転への影響はあるのでしょうか??

寝る前の時間に飲む場合

就寝前にリポDを飲んで、寝ている間に疲労回復を図りたい!と思って飲んだはいいものの、なかなか寝付けなくなってしまった……なんて経験はありませんか?

もしかしたらそれは、リポビタンDに含まれる無水カフェインのせいかもしれません!

無水カフェインは脳の神経に興奮的に作用し眠気や疲労感を抑える働きがあり、リポDをはじめ多くの栄養ドリンクに含まれています。

なので、就寝前にリポDを飲むと寝つきが悪くなり、逆に疲労が取れない……なんてことになってしまうのです。

それじゃあ寝る前に栄養ドリンクは飲めないの?と思ったそこのあなた!!ご安心ください!!

リポDシリーズにはカフェインが含まれていないノンカフェインのものがあるのです!!

それがリポビタンノンカフェです!!

リポビタンDから無水カフェインを除いた商品になっているので、就寝前に飲みたい!という人におすすめですよ♪

運転前に飲む場合

また、栄養ドリンクにはアルコールを含んでいるものもあり、運転前に飲むことで飲酒運転になってしまわないか心配だという人もいますよね。

確かにリポビタンDには香料としてエチルアルコールが0.3ml含まれています。

アルコール度数は0.1%程度だそうです。

日本における酒気帯び運転とは、呼気1リットル中に含まれるアルコール濃度が0.15㎎以上検出された状態を言います。

結論から言うと、リポビタンDを1本飲んだ程度では酒気帯び運転の基準値のアルコールが検出されることはほとんどないそうです。

リポDの用法用量は1日1本とされてるので、これを守ってさえいれば大丈夫と思っていいでしょう。

しかし、「ちょっと元気が足りない」「風邪気味で1本じゃ足りない」などの理由で用法用量を守らず2本、3本と飲んでしまうと、酒気帯びとして引っ掛かる可能性もあるそうです。

お酒を飲んでいないのに酒気帯び運転で捕まってしまった!!?なんてならないように、リポDを飲む際には用法用量をきちんと守って服用しましょうね♪

以上、リポビタンDのまとめでした(*^-^*)

今日もファイトー!いっぱーつ!!(^^)9

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする




テキストのコピーはできません。