ラグビーとアメフトの違いを簡単に!ルールやボール・人気や体格差も




ラグビーアメフトの違いなどが分からないという方も多いのではないでしょうか。

今回は、ラグビーとアメフトの違いを簡単に解説!ルールやボール・人気や体格差などについてご紹介します。

『ラグビーワールドカップ2019』が9月20日〜11月2日に日本で開催されます。

そこで、「ラグビーのルールがあまり分からない」という方や、「ラグビーとアメフトの違いは?」などの疑問など、詳しくない方にも分かるよう簡単に解説していきます!

ラグビーとアメフトのルールなどの違いや、人気などについて見ていきましょう。

ラグビーとアメフトの違いを簡単に解説!ルールやボールの違いは?

ラグビーとアメフトのルールやボールなどの違いなどを簡単に解説していきます!

ルールの違い

まずは、それぞれの基本ルールからご紹介します。

『ラグビーのルール』

ラグビーは、1チーム15人で行う競技で、選手交代は可能ですが、1度ベンチに下がった選手は試合に戻れません。

試合時間は前半・後半でそれぞれ40分

後ろへのパスのみ可能で、前にパスを出すと反則(スローフォワード)、ボールを前に落とすと反則(ノックオン)、ボールより前に出てプレーすると反則(オフサイド)となります。

ボールより前に出ることなく前進し、得点を重ねる!

相手チームのインゴールの地面にボールを付けると得点(トライ)が入ります。

タックルはボールを持っている選手へのみ可能。

[ラグビーの得点]

トライ:5点

コンバージョンキック (トライ後のキック):2点

ペナルティキック(相手チームの反則):3点

『アメフトのルール』

アメフトは、1チーム11人で行う競技で、選手交代は無制限です。

試合時間は15分×4回

攻撃側は4回の攻撃で10ヤード(9m)以上前進すると、更に4回の攻撃権が与えられ、4回で10ヤード以上進むことができなければ攻守交代となります。

繰り返してエンドゾーンを目指し得点を重ねる!

エンドゾーンにボールを持つ選手が入るか、またはエンドゾーンでパスをキャッチすると得点(タッチダウン)が入ります!

ボールを持つ相手へのタックル以外に、ブロックであればボールを持っていないディフェンスへの接触も可能。

ラグビーと違い、前にもパスが1プレーに1回可能!

[アメフトの得点]

タッチダウン:6点

エスクトラポイント(タッチダウン後にキック):1点

フィールドゴール(ボールを蹴ってゴールポストの間を通す):3点

『ボールの違い』

ラグビーのボールは白色ベース、合成皮革で重さ400〜440g。

アメフトのボールは茶色ベース、本革素材で大きさはラグビーより少し小さくて軽い397〜427g。

どちらも楕円形で見た目の大きさも同じくらいに見えますが、ラグビーの方が大きくて重いです。

基本ルールでも違いは分かるかと思いますが、分かりやすく比較します。

『ラグビーとアメフトの違い比較』

ゴールポストもそれぞれ形が違います。

ラグビーのゴールポストはH型!

アメフトのゴールポストはY型!

ルールやそれぞれの違いを見ると、全く違う競技なのが分かりますよね!

ラグビーとアメフトはどっちが人気?競技人口や体格差も

ラグビーとアメフトはどちらが人気なのでしょうか。

競技人口や体格差などについて見ていきましょう。

競技人口

[日本の競技人口]

ラグビー:約13万人

アメフト:約3万人

[世界の競技人口]

ラグビー:約450万人

アメフト:約2,400万人

日本での競技人口と世界での競技人口の多さは反対で、日本ではラグビーが人気で、世界で見るとアメフトが人気という結果です。

世界規模で見ると大きな差がありますが、最近は世界でもラグビーが増加傾向にあるそうです♪

体格差

続いて、体格差についてご紹介します。

体格のいい選手が多いイメージがあるかと思いますが、体格のいい選手が有利だったり、小柄な選手が有利だったりと、ポジションによっても異なります。

過去の日本代表選手の体格を見てみましょう!

[ラグビー]

※2015年のデータ

身長:1番小さい選手は166cm、1番大きい選手は197cm

体重:1番軽い選手は71kg、1番重い選手は122kg

[アメフト]

※2011年のデータ

身長:1番小さい選手は171cm、1番大きい選手は191cm

体重:1番軽い選手は71kg、1番重い選手は125kg

過去の日本代表選手のデータではありますが、体格差はあまり無いように見えますね。

ですが、「ラグビーは体格が恵まれていなくても活躍できる」「アメフトは体格に恵まれている方がいい」とも言われているようです。

比べてアメフトの方が激しい競技だからかもしれませんね。

詳しくない方でも最近テレビで見たことがある方も多い、ラグビーの「田中史朗選手」は166cmの75kgで活躍していますね♪

ラグビーとアメフトのルールや違いなどを見ていきましたが、こうして見るとほとんど違う為、全く別の競技だと分るかと思います。

見た目の違いは、ボールや選手の防具などで判断できますね。

ルールを知ると観戦が楽しくなりますので、ルールを頭に入れて、まもなく開催されるラグビーワールドカップ2019を応援しましょう!

ラグビー関連の記事はこちらも!
↓↓↓↓↓↓↓↓
ラグビーワールドカップ2019の生中継動画や無料見逃し配信はネットで見れる?
ラグビー観戦の持ち物や必需品グッズまとめ!服装やコーデのおすすめは?
ラグビーワールドカップファンゾーンの開催場所や日程時間!ゲスト芸能人も

ということで今回は、ラグビーとアメフトの違いを簡単に解説!ルールやボール・人気や体格差などについてご紹介しました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする




テキストのコピーはできません。