名和民夫(イチローバット職人)プロフィール!経歴や出身校は?結婚や妻子の噂




名和民夫 イチローバット職人

みなさんは名和民夫(なわたみお)さんという人物をご存知でしょうか?

芸能人などではありませんが、イチローバット職人ということで、とても注目を集めているようですね。

いったい、どのようなプロフィール、経歴の持ち主だったのでしょうか?

出身校である、中学、高校、大学なども興味深いところでしょう。

ここでは、名和民夫さんに結婚、妻子の噂があるのかどうかも、調べてみました。

それではさっそく、ご覧ください。

名和民夫(イチローバット職人)のプロフィール!経歴や出身校は?

2019年11月2日18:30~11月3日21:54『FNS27時間テレビ にほんのスポーツは強いっ!』が放送されます。

このうち、「国宝にんげん」において、名和民夫さんという人物が登場します。

他のキャストですが、村上信五さん、所ジョージさん、松岡茉優さん、長友佑都さん、溝口和洋さん、三宅義信さんといった芸能人、スポーツ選手、さらに、『キャプテン翼』の作者である高橋陽一さんも出演。

ここでは、これらのキャストのうち、名和民夫さんについて見ていきたいと思います。

名和民夫さんは、イチローバット職人という肩書きの持ち主で、イチローさんのファンのあいだでは知られた存在だといいます。

そんな名和民夫さんのプロフィール、経歴は、いったい、どうなっていたのでしょうか?

名和民夫さんは、1967年、岐阜県大垣市の出身で、2019年現在の年齢は52歳。

1985年にミズノに入社して、1993年以降、バットを製造するようになっていきます。

たくさんの野球選手のバットを作ったことで知られる久保田五十一さんに師事し、バット作りのプロとして、実力を発揮していくことに。

やがて、名和民夫さんは、久保田五十一さんの後を引き継ぎ、多数の野球選手のバットを担当していきました。

イチローさんをはじめ、筒香嘉智さんなど、これまでにバットを手掛けた野球選手は約100人に及ぶといいますから、すごすぎますよね。

イチローさんのバット製作を師匠の久保田五十一さんから引き継いだときは、そうとうな緊張を強いられたという、名和民夫さん。

しかし、その後、イチローさんの活躍を見て安堵できる余裕が出てきたとか。

一方、名和民夫さんの出身校ですが、中学は判明していないものの高校は記載がありました。

名和さん自身も元高校球児だったそうで高校は大垣工業高等学校で野球部時代は外野手だったといいます。

おそらく、中学は岐阜県大垣市内の学校だったのではないでしょうか。

大学については、名和民夫さんがミズノに入社したのは18歳のときですから、最終学歴は高卒で、大学には進学していないとみていいでしょう。

名和民夫(イチローバット職人)の結婚や妻・子供の噂は?

イチローバット職人の名和民夫さんには、結婚、妻や子供の噂はあったのでしょうか?

名和民夫さんは職人であって、芸能人などではありませんので、残念ながら、プライベートな情報を見つけることはできませんでした。

しかしながら、52歳という年齢を見る限り、結婚している可能性は高いのではないでしょうか。

高卒後、就職しているなら、20代前半で結婚して、子供ができ、今では孫もいる可能性もありそうですね。

それでは、来たる『FNS27時間テレビ にほんのスポーツは強いっ!』の「国宝にんげん」で、名和民夫さんが取り上げられるのを、楽しみにしましょう。

ということで、今回は名和民夫さんについて調べてみました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする




テキストのコピーはできません。