黒後愛の中学高校や成績!両親(父母)や兄弟姉妹は?彼氏の噂や私服も




黒後愛 バレーボール女子日本代表

今回は、バレーボール選手の黒後愛(くろごあい)さんについて取り上げていきたいと思います。

『ワールドカップバレー2019』に出場することになっている、黒後愛さん。

これまでに通ってきた中学、高校がどこなのか気になりますね。

バレーボール選手としての成績は、どうなっているのでしょうか。

ここでは、黒後愛さんの両親(父母)、兄弟姉妹についても調べてみました。

彼氏の噂、私服もご紹介しますので、最後までご覧ください。

黒後愛の中学高校・大学や成績!両親(父母)や兄弟姉妹は?

黒後愛さんは、1998年6月14日、栃木県出身の21歳。

『ワールドカップバレー2019』に出場するということで、注目されているバレーボール選手の1人です。

東レ・アローズに所属していて、ウィングスパイカーとして活躍していて、2017年には全日本代表に選ばれました。

身長はなんと180センチで、成人男性の平均身長を軽く超えているという、そうとうな高身長となっていました。

これは、あまりにも驚異的な体型というしかありませんよね。

さて、そんな黒後愛さんがこれまでに学んできた中学、高校とは、いったい、どこだったのでしょうか?

探ってみたところ、小学から分かっていて、小学は宇都宮市立横川西小学校、中学は宇都宮市立若松原中学校、高校は下北沢成徳高校だったのですね。

つまり、黒後愛さんは、小学、中学時代は地元の栃木県、高校時代は東京都で学生生活を送っていたということでした。

なお、大学には進学しておりません。

黒後愛さんのバレーボール選手としての成績についても気になりますが、想像を上回るようなすばらしいものとなっています。

中学時代には、全国都道府県対抗中学バレーボール大会で、栃木県代表チームとして、優秀選手賞を受賞。

高校時代には、全日本ユース代表に選ばれ、世界ユース女子選手権大会でベストサーバー、全日本バレーボール高校選手権大会でMVP、黒鷲旗全日本男女選抜バレーボール大会で若鷲賞、インターハイで優勝選手賞に輝いていたのです。

若干、高校時代まででこの活躍とは尋常なことではありませんね。

それでは、そんな黒後愛さんの家族構成はどうなっているのでしょう。

両親(父母)、兄弟姉妹を調べてみたところ、とても興味深いことが分かりましたよ。

父は、黒後洋さんといって、宇都宮大学教授で、宇都宮大学女子バレーボール部監督を務めていました。

母は、黒後裕子さんという名前ではないかといわれていて、全日本バレーボール高校選手権大会出場経験があるとか。

さらに兄弟姉妹には、姉の黒後彩乃さんがいて、宇都宮大学でバレーボール部の主将を務めています。

本人だけではなく、家族もみんなバレーボールと深くかかわっていたなんて、黒後愛さんの実家は、ずいぶん本格的なバレーボール一家だったのですね。

黒後愛の彼氏の噂や私服は?

『ワールドカップバレー2019』に出場する黒後愛さんですが、やはり年ごろですし、彼氏の噂は見過ごせませんよね。

彼氏がいるなら、おなじくバレーボール選手など、関係者なのか、一般人なのかも興味深いですが、これらは情報がありませんでした。

いるものの、ただ発覚していないだけという可能性もあるでしょうが、あれだけ活躍しているわけですから、そのような余裕はなかったのかもしれませんね。

一方、黒後愛さんといえば、その私服も話題になっていました。

バレーボール選手ということで、ただでさえボーイッシュな黒後愛さんですが、私服を見ていくと、プライベートでもそのような服装が多かったようなのですね。

よく似合っていますが、女性っぽい私服にも期待したいと思います。

黒後愛 私服

ということで、今回は黒後愛さんについて調べてみました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする




テキストのコピーはできません。