3×3(スリーエックススリー)バスケのオリンピックのルールや採点方法!5人制との違いは?




3×3バスケをオリンピックで見られるのが楽しみですね♪

今回は、3×3(スリー・エックス・スリー)バスケのオリンピックのルールや採点方法!5人制との違いなどについてご紹介します。

3×3(スリー・エックス・スリー)は主にストリートシーンで発展してきたスポーツです。
※別名:スリーバイスリー

3on3(スリーオンスリー)という言葉は知っている方が多いと思いますが、2007年に国際バスケットボール連盟(FIBA)によって全世界のルールが統一され、公式競技種目として生まれ変わったのが「3×3」

バスケの歴史の中では新しい形式ですが、全世界の競技人口は43万人を超えています。

2020年の東京オリンピックでも正式種目に採用決定されましたね!

[3×3のオリンピック詳細]

日程:2020年7月25日(土)〜29日(水)

会場:青梅アーバンスポーツパーク

オリンピックの気になるルールや採点方法、3×3と5人制との違いなどについて詳しく見ていきましょう。

【3×3(スリー・エックス・スリー)バスケのオリンピックのルールや採点方法!5人制との違いは?】

3×3(スリー・エックス・スリー)バスケのオリンピックのルールや採点方法、5人制との違いなどをご紹介します。

3×3は3人制のバスケで、スピーディーな展開と音楽で盛り上がり、エンターテインメント要素が強いバスケです。

まずはルールや採点方法を見ていきましょう。

[ルール]

通常のバスケットボールコート(縦28m×横15m)の約半分(縦11m×横15m)を使用し、1チーム3人で試合に挑みます。

攻撃側・守備側をコイントスで決め、ゲーム開始!

ゲームは10分の一本勝負です。

3×3は1つのゴールを狙い、攻守が目まぐるしく入れ替わります。

ボールを得たら12秒以内にシュート(ショットクロック)を打たなければならず、12秒を越えると攻撃権を失います。

そして、攻守交代したらボールを1度ラインの外に出さなければいけません。

試合は3対3で行いますが、チーム構成は4名以内で、選手交代は自由に何度でも可能!

ファウル制限については、各チーム7回目以降のファウルには相手に2個のフリースロー、10回目以降は2個のフリースロー+ボールの所有権が与えられます。

3×3は競技時間10分もしくはどちらかのチームが21点を先取するとその時点で試合終了となるノックアウト制です。

[採点方法]

通常の5人制は3ポイントラインですが、3×3は2ポイントラインとなっています。

ライン外側からのシュート:2点

ライン内側からのシュート:1点

フリースロー:1点

5人制と3×3ではどんな違いがあるのかまとめました。

[5人制と3×3の違い]

『人数』

5人制:チーム構成12名以内の5対5で試合を行う

3×3:チーム構成4名以内の3対3で試合を行う

『ボール』

5人制:7号

3×3:6号と少し小さいですが、重さは7号と同じ

『ゴール』

5人制:両サイドにゴールがあるフルコートスタイル

3×3:ゴール1つのハーフコートスタイル

『試合時間』

5人制:試合時間10分×4のクォーター制で、1 回の攻撃時間は24秒以内

3×3:試合時間10分または21点先取のノックアウト制で、1回の攻撃時間は12秒以内

『ファウル』

5人制:個人ファウル5回で退場

3×3:個人ファウル制限なしですが、7回目以降は相手にフリースロー

『順位』

5人制:チーム単位での順位を争うチームスポーツ

3×3:個人ランキングがある個人スポーツ

5人制と3×3では全然違うことが分かりますね!

3×3について見ていきましたが、スピーディーでスリリングな試合が特徴で、MCや音楽との融合でエンターテインメント要素が強く会場全体のノリが良いスポーツです。

5人制とは人数以外にも様々な違いがあり、3×3は目まぐるしく変わる展開に目が離せません!

ルールを頭に入れておくとオリンピックでの応援がより楽しめるので、ルールを知ってみんなで盛り上げましょう。

ということで今回は、3×3(スリー・エックス・スリー)バスケのオリンピックのルールや採点方法、5人制との違いなどをご紹介しました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする




テキストのコピーはできません。