なつぞらのロケ地/撮影場所は十勝の新得や陸別?広瀬すずの目撃情報も!





放送までもうすぐ!

なつぞらの放送がスタートするまでもうすぐですね♪

今回は、なつぞらのロケ地(撮影場所)についてや、広瀬すずさんの目撃情報をご紹介します。

NHK連続テレビ小説『なつぞら』は、2019年4月1日(月)〜9月28日(土)に放送される朝ドラで、全165回の放送を予定しています。

放送時間は、月〜土の午前8時〜8時15分(再放送は午後0時45分〜1時)で、ダイジェスト放送や、BSプレミアムでの放送もあります。

ヒロインは広瀬すずさんで、他の出演者も豪華です!

まずは物語の内容をご紹介します。

1946年の初夏、戦争が終わり、戦災孤独の奥原なつ(広瀬すずさん)は、なつの父と戦友である酪農一家の柴田家に受け入れられることとなり、柴田剛男(藤木直人さん)に連れられ北海道の十勝へ。

剛男の父の泰樹(草刈正雄さん)は、なつを厄介者と言いながらも、内心では不憫に思っていた。

子供ながらに覚悟を決めたなつは、牛馬の世話などを懸命に手伝い、それに心を動かされた泰樹は生きる術を叩き込み、なつは天真爛漫な子供らしさを取り戻していきます。

やがて、なつは素敵な馬の絵を描く山田天陽(吉沢亮さん)と出会い、漫画映画(アニメ)の魅力を教わり、絵が動く夢のような世界があることに感動したなつは、高校生になると絵を描く仕事に夢を持ち始める。

そんなとき、生き別れの兄の咲太郎(岡田将生さん)が東京で働いていることを知り、なつに旅立ちの日が近づく…

まっすぐに生きたなつの夢と冒険と愛と感動のドラマとなっています。

なつぞらは、NHK連続テレビ小説100作目であることと、大人気の広瀬すずさんがヒロインということでも大注目されていて、楽しみにしている方も多いですよね♪

なつぞらの気になるロケ地(撮影場所)についてや、広瀬すずさんの目撃情報などを見ていきましょう!

なつぞらのロケ地/撮影場所は十勝の新得や陸別?広瀬すずの目撃情報も!

なつぞらのロケ地(撮影場所)は、北海道の十勝地方ということは公式でも公表されていましたね。

新得町

ロケ地の1つである同管内“新得町”での撮影が行われた合間には、記者会見を行なっています♪

この日は、地元の農業高校で演劇部に所属するなつ(広瀬すずさん)が、育ての母の柴田富士子(松嶋菜々子さん)に、部活について相談するシーンなどを撮影していました。

新得町では広瀬すずさんの目撃情報もあり、新得町の駅近のカフェ「協働学舎新得農場ミンタル」で人気メニュー“ラクレットオーブン”を食べていたそうです!

人気だそうですが、広瀬すずさんの影響でもっと人気になりそうですね。

花畑牧場のラクレットオーブンも人気!
↓↓↓↓↓↓↓↓

陸別町

ロケ地は他にも、日本一寒い町・オーロラの街と言われている“陸別町”での撮影も公開されています。

−30℃を下回ることもある陸別町ですが、この日の牧場での撮影は、最低気温−10℃の日だったようです。

家を飛び出ていったなつが、吹雪で帰宅できず、一夜明けて無事に家族の元へ帰るシーンの撮影でした。

帯広市内・清水町・中札内村

その他にも帯広市内・清水町・中札内村で撮影していることも分かっていますが、放送が始まったら詳しく分かるかもしれませんね。

帯広でも広瀬すずさんの目撃情報があり、帯広空港にいたことや、帯広駅のセブンイレブンのATMを利用していた情報が流れていました。

撮影場所自体は、古い牛舎だったり、自然豊かな場所で人も多くないため、長期間の滞在と撮影でも目撃情報は多くないようですね。

目撃できたら奇跡ですし、本当にラッキーですよね!

ロケ地になった場所の駅や街中などには、“なつぞらの舞台“と大々的にアピールされています♪

北海道に行った際には、十勝地方のロケ地や広瀬すずさんが訪れた場所に行ってみてくださいね!

そして、なつぞらの放送を見逃さないようにしましょう♪

なつぞらの詳しい内容はこちら!
↓↓↓↓↓↓↓↓
なつぞら(NHK朝ドラ)の無料動画!見逃し配信や再放送は?1話からフル視聴

ということで今回は、なつぞらのロケ地(撮影場所)について、広瀬すずさんの目撃情報も併せてご紹介しました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする




テキストのコピーはできません。